ホーム > 園だより“ろりぽっぷ” > 小さな種がこんな大きな大根になったー!!

小さな種がこんな大きな大根になったー!!

ろりぽっぷ 1187号 2021年12月10日

 

小春日和から一転し曇り空、そして冷たい雨。秋と冬の境のこのような気候をさざんか梅雨ということを最近知りました。日本は季節の変化を表現する言葉がいろいろあってステキですよね。

雨の落ちてこない合間を縫って、子どもたちは園の畑で大根抜きを行いました。9月16日に種を蒔き約3ヶ月。青々とした葉っぱの立派な大根に成長しました。

畑までは年長組が年少組をエスコート。年長・年少のカップルで、車の通りの多い道を安全に気をつけながら歩きました。自分で抜いた大根はお家へのお土産に。そして、新鮮な大根をすぐにスティック状に切って、マヨネーズをつけてポリポリ、生の大根もへっちゃらです。

日を変え、年長は大根と油あげのみそ汁を作りました。煮干しで出汁を取る、昔ながらのオーソドックスなやり方を試みました。

煮干しは前日から頭と腹を取り除き、水に浸して一晩置き、翌日鍋に入れあたためると、煮干しの香りが漂い、「いいにおい!」と言う子もいれば、魚臭さを「くさい!」と表現する子も。

それでも子どもたちは、おいしいおいしいと喜んで食べ、おかわりもすぐになくなりました。

みそ汁作りに煮干しを使ってみようという思いに至ったエピソードをひとつ。

実は、老々介護をしている中学時代の友人(男性)が、母親の食事作りの中で、みそ汁は煮干しで取った出汁だと飽きない、粉末のものは飽きがくると話していたことを思い出しました。そうだ、今の子どもたちは煮干しで出汁を取ることを知らないかも。それを体験させてみようと思いました。正直、私自身も手軽な出汁の素を使うことが多く、しばらく煮干しの出汁の味から遠のいていました。出来上がったみそ汁をいただいた時、ほのかな煮干しの懐かしい香りと味にささやかな幸せを感じたひとときでした。(園長)

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://lollipop2020.wakuwaku-dokidoki.com/2022/01/26/%e5%b0%8f%e3%81%95%e3%81%aa%e7%a8%ae%e3%81%8c%e3%81%93%e3%82%93%e3%81%aa%e5%a4%a7%e3%81%8d%e3%81%aa%e5%a4%a7%e6%a0%b9%e3%81%ab%e3%81%aa%e3%81%a3%e3%81%9f%e3%83%bc%ef%bc%81%ef%bc%81/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
小さな種がこんな大きな大根になったー!! from ろりぽっぷ幼稚園|園だより

ホーム > 園だより“ろりぽっぷ” > 小さな種がこんな大きな大根になったー!!

ランチメニュー
ランチメニュー
園だより(2020年度版)
園だより“ろりぽっぷ”

ろりぽっぷ子たちの園生活の様子や保育について、ブログ形式でお伝えしています。

ばうの紙芝居
幼稚園へのご連絡は…
記事の検索
RSSフィード
Meta

ページの先頭へ

Copyright © ろりぽっぷ幼稚園 All Rights Reserved.
ホームページ記載の記事・写真等の無断転載・複製を禁じます。