ホーム > 園だより“ろりぽっぷ” > 秋の活動いろいろ

秋の活動いろいろ

ろりぽっぷ 1176号 2021年9月17日

 

コロナウイルス終息の見通しはあと2、3年かかるという専門家の声に、子どもたちがコロナ禍で失うものの多さに心が痛みます。いろいろな制約の中にあっても、何ができるか知恵を絞って、保育の質をキープしていきたいと思います。

 

さて、季節は残暑、晩夏などをスキップして一挙に秋。金魚つかみ、祖父母へのハガキ投函、年長はミニ稲作の稲刈り、栗ひろい、大根の種まきなど、この季節ならではの豊かな体験が続きました。

金魚つかみでは560匹の金魚が放たれ、子どもたちは夢中になって追いかけていましたが、そのまなざしは真剣そのものです。金魚がこわいと言って早々にプールから上ってしまう子もいましたが、それもご愛嬌。それもそのはず、日常生活の中でじかに生きている魚にさわるという経験は、そんなにあるものではないですものね。素手でつかんだヌルっとした感触やにおい、群れが足の間をすり抜けていく何とも言えないこそばゆさ。五感でいろいろと感じとったことと思います。年長のキャリア組はコーナーに金魚を追いこむなど技も巧みで、これも経験のなせる技かなと思いました。

お子さんが持ち帰った金魚は元気にしていますか?飼育が難しいようでしたら、無理せず園に戻してくださいね。園の水槽では2年目、3年目の金魚たちもすっかり慣れて、人が近づくと一斉にエサを求めて水面に上がってきます。口をパクパクしている姿はかわいいもので愛着が増します。

暮らしの中に生き物がいるほんの小さな事ですが、子どもたちのうるおいにもなっています。

話は変わりますが、恒例だった梨がりは今年も行けずじまいでしたが、先日、いつもお世話になっていた梨園から突然の電話。コロナで子どもたちが梨がりができずかわいそうなので、子どもたちに食べさせてやって、とたくさん梨をいただきました。さっそく梨屋さんを開店。果汁たっぷりの甘い梨はそれはそれはおいしく、子どもたちのことを思い出してくださったご主人の温かな思いと合いまって、幸せな時間を過ごしました。(園長)

 

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://lollipop2020.wakuwaku-dokidoki.com/2021/09/30/%e7%a7%8b%e3%81%ae%e6%b4%bb%e5%8b%95%e3%81%84%e3%82%8d%e3%81%84%e3%82%8d/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
秋の活動いろいろ from ろりぽっぷ幼稚園|園だより

ホーム > 園だより“ろりぽっぷ” > 秋の活動いろいろ

ランチメニュー
ランチメニュー
園だより(2020年度版)
園だより“ろりぽっぷ”

ろりぽっぷ子たちの園生活の様子や保育について、ブログ形式でお伝えしています。

ばうの紙芝居
幼稚園へのご連絡は…
記事の検索
RSSフィード
Meta

ページの先頭へ

Copyright © ろりぽっぷ幼稚園 All Rights Reserved.
ホームページ記載の記事・写真等の無断転載・複製を禁じます。