ホーム > 園だより“ろりぽっぷ” > 赤ちゃんのはなし  命のもとは こんなにも小さい!!

赤ちゃんのはなし  命のもとは こんなにも小さい!!

ろりぽっぷ 番外編part2 2021年7月15日

 

例年3月に行われる年長児にむけての「赤ちゃんのはなし」を、半年以上前倒しで12日(月)に行いました。ここ最近、年長組の中で面白半分に行う困った行動に危機感を持ち、早いうちに助産師さんの力をお借りしたいと思ったからです。

 

さて、当日、「ほら、この紙を光にむけてすかしてごらん。何が見えるかな?」「小さな穴があいてる!!」と子どもたち。「この小さな穴の大きさがみんなの命の始まりなんだよ。」と助産師の平野さんが語りはじめます。お母さんのお腹の中で大事に育てられ、3ヶ月、5ヶ月、そして、お腹の中のあたたかいお湯の中で頭を下にして大きくなっていく様子も、助産師さん苦心のサンプルに触らせてもらい実感。実物そっくり(重さも)の赤ちゃんも抱っこさせてもらいました。「みんなはね、たくさんの力を持って大きくなったんだよ。」と平野さん。また、体育着を身につけている時に隠れている部分、プライベートゾーンについても話がありました。男の子も女の子も、知らない人はもちろん、両親にも触れせてはいけない所があること、3歳になったら自分で洗おうということも話されました。

 

子どもたちを取り巻くネット社会はすさまじく、親の知らない間に色々な情報に触れることが可能になりました。そういった現状の変化を私たち大人も自覚しながら、子どもたちを見守っていかなければならないいのかもしれませんね。

また、子どもたちが退席後、参加した大人にむけての話がありました。スバリ性被害について現場で関わる助産師さんならではの話を伺うことができました。声を上げることができない被害者の苦しみは、生涯忘れたくても忘れられない傷になってしまう事実に、周囲の大人の責任の重さを感じました。詳細にお伝えしたいところですが、踏み込んだ内容だけにお伝えしきれないことをお許しください。 (園長)

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://lollipop2020.wakuwaku-dokidoki.com/2021/07/27/%e8%b5%a4%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93%e3%81%ae%e3%81%af%e3%81%aa%e3%81%97%e3%80%80%e3%80%80%e5%91%bd%e3%81%ae%e3%82%82%e3%81%a8%e3%81%af%e3%80%80%e3%81%93%e3%82%93%e3%81%aa%e3%81%ab%e3%82%82%e5%b0%8f/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
赤ちゃんのはなし  命のもとは こんなにも小さい!! from ろりぽっぷ幼稚園|園だより

ホーム > 園だより“ろりぽっぷ” > 赤ちゃんのはなし  命のもとは こんなにも小さい!!

ランチメニュー
ランチメニュー
園だより(2020年度版)
園だより“ろりぽっぷ”

ろりぽっぷ子たちの園生活の様子や保育について、ブログ形式でお伝えしています。

ばうの紙芝居
幼稚園へのご連絡は…
記事の検索
RSSフィード
Meta

ページの先頭へ

Copyright © ろりぽっぷ幼稚園 All Rights Reserved.
ホームページ記載の記事・写真等の無断転載・複製を禁じます。