ホーム>園だより“ろりぽっぷ” > アーカイブ > 2020-07

2020-07

いろいろあった1学期

ろりぽっぷ 1136号 2020年7月17日

事務室の窓越しのゴーヤが日増しに大きくなり、食べ頃をむかえています。

 

さて、園だよりも今回が最終号となります。6月1日に保育が始まり、何もかもが初めてづくしの日々でした。1学期の保育日数は35日。例年の半分ほどでした。森の幼稚園は年長13日、年中12日、年少10日。年少さんは入園式翌日から森へ出かけるという大胆で思いきった保育が始まりました。本来ならば園内で少しずつ慣れてもらうはずでしたが、小さな体でよく順応してくれたと思います。

木曜日、1学期最後の森の幼稚園に行ってきました。そこでの子どもたちの姿は、野遊びの達人になっていました。備え付けの立派な遊具に遊ばれるのではなく、何もない中でカエルやバッタを探したり、風で落ちた枝を使って家を作ったり、楽しむ術を見つけていました。すでに1年分の園外保育を体験したかのような子たち。すっかりたくましくなっていました。

21日から夏休みに入ります。コロナの感染者数が驚くほど増えています。幼い子どもたちは比較的感染しにくいという専門家の声を耳にしますが、家庭内感染も出てきて、まったくない訳ではありません。

どうぞひき続き気をつけて安全にお過ごしいただき、2学期にはまたお子さんたちの元気な笑顔に会えることを楽しみしています。コロナという文字を使わないですむ日々が一日も早く来ることを願って・・・。

お母さんは ずぼらなくらが丁度いい

ろりぽっぷ 1135号 2020年7月10日

都内及び埼玉県内のコロナ感染者数が驚くほど増えてきています。蓮田市内では休校の学校も出て、ジワジワとコロナが押し寄せてきている様で心配です。

さて、やっと保育が始まったと思ったらまた長い夏休みに入ります。24時間待ったなしの育児は時にはもういや、と逃げだしたくなる時もあるのではないでしょうか。でも、そういう気分になることは誰にでもあること。そんな時、完璧な母親になろうとする事を止めてみましょう。

掃除は、しんどい時はホコリでは死なないと割り切ってスルーする。洗濯は、明日履き替えるパンツがあれば良し。たたむのが面倒な時は、洗濯物の山から引っ張り出して身につければOK。食事は、これだけは生きるための最大アイテムですが、子育てに追われて時間がとれない時には、具だくさんのみそ汁とごはんがあれば充分。(料理研究家土井善晴氏の一汁一菜のススメより)母親1人で全責任を負わず、疲れたら我慢をせずに夫や家族に手助けしてもらいましょう。それも難しい時は公的機関に相談してみるのも1つの方法です。あまり他人に目を気にせず、マイペースでちょっとずぼらなくらいが丁度いいと、私の経験からおすすめします。

親も子もいっぱいいっぱいになってしまったら、ぜひ、預かり保育を遠慮なくお使い下さい。ちょっと距離をおくことで、お互いがリフレッシュできると思います。(園長)

プールが始まります ~まずは水遊びから~

ろりぽっぷ 1134号 2020年7月3日

落ち着いてきたからにみえたコロナウイルスが又不穏な動きをしています。怒涛のような6月が過ぎ、7月に入りました。今週は風邪や疲れなどで欠席するお子さんが多く、20人前後を推移しています。お子さんの体調には十分お気をつけ下さい。

さて、今後の予定について、大幅な変更があります(度重なる変更でごめんなさい)。公立小中と肩を並べて、夏休み短縮とお知らせしてきましたが、1ヶ月の保育を顧みて、やはり猛暑の中の保育続行は幼児にとって体力的に無理と判断致しました。お盆の1週間を除いて預かり保育を行っていますので、そちらをご利用下さい。お友だちと遊ばせたい、下の子がいて毎日が大変、たまには息抜きをしたい時など、遠慮なくプリン組にお子さんをお連れ下さい。

来週からお天気が良ければプールが始まります。ご用意は整っていますか。

子どもたちはみんなお水が大好き。蛇口から流れる水に手をかざし、飽きることを知りません。栓をひねって流れの変化を楽しみ、きらきら光る様子を瞳を凝らして見つめる子どもたち。雨上がりの水たまりを発見しようものなら、わざわざ足を踏み入れ、砂場では重いバケツを運ぶ苦労もいといません。水は限りなく子どもたちの心を引きつけるようです。

でも、同じ水と言っても、プールのように圧倒的な量を持った場合は、親しみより恐怖心の方が先に立つことが多いようです。幼児の場合、ゆったりと水に馴染み、たわむれ、水に対して安心感を持つことから始まらなければならないと思います。プールの水を見て尻込みする子を力ずくで引きずり込むのはちょっと違うと思うのです。ですから、ろりぽっぷでは水に慣れる第一歩としてプールでの水遊びがあります。

園のプールの大きさは6.5m×4.5m深さ65㎝です。プールの水は、朝8時半から入れ、終わったら抜き、毎回取り替えています。子どもたちは、消毒液(塩素)を入れた腰洗い槽に下半身をつけてプールに入ります。水深は子どものひざ丈くらい。スイミングに通っているお子さんには、ちょっと物足りないかもしれませんね。楽しい遊びも天気次第。この夏は何回プールに入れるでしょうか。ちなみに昨年は2回でした。(園長)

自分で考えて 自分で行動できる子に

ろりぽっぷ 1133号 2020年6月26日

梅雨本番。残念ながら今週は森には一度も出かけられませんでしたね。

さて、子どもたちの命と安全を守ることを第一にと始まった今年度。まだまだ落ち着いた生活を取り戻すまでには至りませんが、子どもたちの成長は待ったなしです。

私たち保育者は、そんな子どもたちの成長を見守りながら、安全への配慮をしつつ日々の保育を行っています。

コロナ禍でお知らせが遅くなりましたが、年間のねらいをお届け致します。実は6月1日にと準備していましたが、お母様方が知りたいこと、心配なことをまず最優先に掲載しなければと思い、本日になりました。追って学期のねらいをお知らせする予定です。

<園の教育目標>

・豊かな感性と思いやりのある子ども

・想像力・イメージする力を養い、主体的に行動出来る子ども

・個性豊かで、生き生きとした子ども

のもとに、年間・学期・週・日と指導計画をたてて保育を行っています。本園は遊びを中心とした保育ですが、決して放任ではなく、1人1人のお子さんをよく観察し、個性や成長に合わせた援助を心がけています。

まずは自分で考えて自分で行動できる子に。大人の指示に従うだけでなく、自分の意志をしっかり持った子に育ってほしい、それが私の願いです。

ホーム>園だより“ろりぽっぷ” > Archives > 2020-07

ランチメニュー
ランチメニュー
園だより(2020年度版)
園だより“ろりぽっぷ”

ろりぽっぷ子たちの園生活の様子や保育について、ブログ形式でお伝えしています。

ばうの紙芝居
幼稚園へのご連絡は…
記事の検索
RSSフィード
Meta

ページの先頭へ

Copyright © ろりぽっぷ幼稚園 All Rights Reserved.
ホームページ記載の記事・写真等の無断転載・複製を禁じます。